yanagiの日記

筋トレと人生について真面目に語ります。

やなぎハプニングバーに行く。(感想編)

前編、後編はこちら➡

http://yanagi5963.hatenablog.com/entry/2017/07/20/%E3%82%84%E3%81%AA%E3%81%8E%E3%83%8F%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%80%82%28%E5%BE%8C%E7%B7%A8%29f:id:yanagi5963:20170817140008j:image

かなり間が空いてしまいました。

 

今回はやなぎがハプニングバーに行って感じた事をざっくり書いていきたいと思います。

 

 

1、単独で行くか?カップルで行くか?

 

カップル、単独それぞれ行ってから結論を出すべきでしょうが、やなぎはカップルで行くことをお勧めします。(今回美味しい思いをしたのでかなりの主観がはいっています笑)

いつの日か単独潜入してみます。

 

 

 

カップル潜入のよいところ

 

・カップルで来た場合、基本的にカップルとしか話すことができない。(このお店の場合。話せるのはカップルと単独男性)

しかしこれはカップルと話すしかないので他のカップルと和みやすいということになります。(店側がカップルの方にエスコートしてくれました。)

 

・他のカップルもハプニング目的なら最低限の容姿とコミュニケーション力があればハプニングのハードルは簡単に越えやすい。

(入場料はなかなかの高いしある程度そういう目的で来ているのだと思います)

 

・他のカップルがいなかったり、ハプニングができなくても新規の子を連れていけば非日常の中で気持ちが高まり新規即ができる。かもしれません。既セクを連れていけば非日常での場所でおかわりができます。

 

 

 

 

カップル潜入のダメなところ

 

・単独女子に声をかけれない(今回潜入したお店、他のお店はわかりません。)

 タイプの子を見つけた場合は指をくわえることしかできません。

 

・パートナーグタを越えられない場合はなにもできず(今回のスレンダー美人はパイ舐めまででした。)

 

 

単独で行くなら、、、、

 

・どんどん行動するべし

大金を払って一人で酒飲んでたり、人のセックスる覗いてるだけの奴には『君は何をしに来たのか?』と説教をしてあげたい。

これはプレーヤーの方々なら全然大丈夫だと思います。その他の草食系ガゼルなんかに負けずにどんどん行動しましょう。

 

 

・可能性は無限大?

単独男性は単独女性とカップルに声をかけれるので、カップルと仲良くなれば正3での3p、単独女性と1対1、単独女性が女子二人組で来ていれば逆3の3pもできることになります。夢は広がりますね。凄腕プレーヤーなら可能性はあるのではないでしょうか?

 

なんか単独で行きたくなりましたね笑

 

 

 

2、ハプバーでの注意点

 

性感染症へのリスク

性感染症へのリスクは高まります。避妊具は必ず着けましょう。(着けないのバレたら出禁だと思いますが)

チキンな自分はク⚪ニはできませんでした。

それでも恐くて性病の検査も受けました。もちろん既セクさんにも話をして受けてもらいました。

結果はお互いに何もなくよかったです。

 

 

・細かなルールにご注意。

ハプニングバーには細かなルールが多いです。トラブルを未然に防止するためでしょうが、なかなかめんどくさかったです。

 

後編のところでルイ・コスタが注意してくれましたが

→「後からプレールームに入ってきた場合はそのカップルとはプレーできない。プレーする場合は一回みんなで出てもう一度みんなで入る」はやなぎ的には「あっダメなんだ?」って感じでした。

勝手なイメージでどんどん入ってきたプレールームの方々でワイワイ絡んでいくのかな~とAV的な考えを持っていました笑

 

他にもプレールームに入ったときにもらったゴムを「使ってても」「使ってなくても」出るときに見せなければいけない。とか色んなルールがあります。

 

ルールを破りそうになった?ときのお店の対応は恐かったです(笑)

 

 

おまけ

ハプニングバーのその後~

 

 

ハプニングバーを後にしやなぎはカップルは共に終電を逃していたのでLHにIN。

 

2ハプニングだったがチングダもあったのでまだまだやなぎのやなぎは元気ハツラツ。

 

せっかくなので既セクとの第2ラウンド。

 

おや、いつもより既セクの感度がいいような?

 

やなぎのやなぎをINするといつもより声が大きく感度もかなり良好。

 

これはいったい?

『今日はかなり感じてるね?』と聞くと

『だってやなぎさん可愛いことずっといちゃついてて、、、、私ももっと欲しかったから、、、、』

 

満たされるやなぎの自己有用感。

 

人に必要とされるって幸せだなぁ。

 

いつもよりがんばるやなぎのやなぎとやなぎ。

 

既セク様に満足してもらおうといつも奉仕の心を持ってsex。

 

でも興奮しすぎていつもより早く果ててしまいました。

 

こんなボーナストラックもありました。

 

既セクとのマンネリ解消にありかもしれません。(パートナーが望むのであれば)

 

特に既セクが犯されているときのあのドキドキ感はなんとも言えないものがありました。

すごい複雑な感情が溢れてきましたね。

なのでLHでの第2ラウンドはとても気持ちよかったです(笑)

(より既セクへの感謝の気持ちを持ってセックスが出来ました(笑))

 

 

興味のあるかたは色々とお気をつけてハプニングを楽しんでください♪

まあはっきりいってプレーヤーの方々ならわざわざいく必要はないかなとも思います。

(ナンパから乱やらくるくるしてますもんね。)

 

ナンパと風俗の間くらいな位置付けなんですかね?

まぁ話のネタとしては抜群だと思います。

 

 

 

もちろんハプバー興味のあるかた、やなぎのやなぎに興味のあるかたはいつでもDM待ってますので!(笑)⬅特に女子はしっかりエスコートしますのでご安心を!(^ー^)

 

 

やなぎハプニングバーに行く。(後編)


f:id:yanagi5963:20170722150010j:plain

前編はこちら⬇
やなぎハプニングバーに行く。 - yanagiの日記



前回のあらすじ


素敵な女性とハプニングがしたいやなぎだったが1回目のハプニングチャレンジは1おかわり(1チングダ)1視姦で終了。


果たしてハプニング(特にアイドル子と)は起きるのか!?







やなぎはその後もスレンダー美人の絡みをを見たかったので帰子にフェラーリしてもらいながらまったりしてました。
(若干チングダもしてました(笑))



そうしていると部屋にカップルが入ってきました。


なんとあのアイドル子(Eカプ)カップルがプレールームに入ってきました。



やなぎのやなぎが元気になる。



アイドル子『ねーフェラされてるところ見せてよー外から見てたんだけど超エロいねー』と早くも気分が盛り上がってる感じ。
(プレールームはマジックミラーで外から見ることができます、でもやなぎは初めてだったのでなるべく死角にいました)


フェラを見ているアイドル子可愛すぎる(>_<)


アイドル子が
『てかおっきくない?ヤバいね!』『おっぱいもヤバい!』
とやなぎのやなぎ達を誉めてくれる。(デカチンブランディングすみません(笑))


やなぎが一緒にやってみる?と提案するも『私なめるの得意じゃないんだ~』とフラれるやなぎ。


アイドル子が『ねーキスしていい?女の子の方に』とまさかの提案。
どうやら女の子が好きだったようだ。
既子、スレンダー美人と両方可愛いと思ってたらしく早く絡みたかったらしい。



帰子も盛り上がっていて『いいよ』と可愛い子のDKはエロかったです。



んじゃ俺もということでやなぎともDK。
DKだけでも幸せでした。



しかしここでおじ様ルイ・コスタが『やりすぎると怒られちゃうよ』とのこと。



どうやら他のカップルと絡むためには『全員同時』にプレールームに入らないといけないとのこと。


トラブル防止のためらしい。



ハプニングの中にもルールあり。




和みスペースに戻りもう一度みんなで入ろうと約束する。



6人で和んでいると新たなカップルが上に上がってきた。



カップルなので他の人と絡むことができなかったようだ。


こちらも刺激を求めて来たというカップル。


ラガーマンみたいなメンズ。
ちょっとロリ系の女の子。


スト高2人には劣るがロリな感じがよい感じ。




みんな盛り上がってたので8人でプレールームへ。





今回は初めから入り乱れる感じ。
(しかしスレンダー美人カップルは今回は見ていますとのことで観戦のみ)





おじ様ルイ・コスタが中イキした事がないロリ子に中イキ指南で手万をしている。


ロリ子がかなり感じているさすがおじ様ルイ・コスタ、技術は逸品のようだ。



やなぎは帰子といちゃつきながら、帰子に絡んでくるアイドル子の巨乳を楽しむ、感度が良好でいちいちエロくて素晴らしい。



楽しみすぎてるとアイドル子が『触りすぎー私は女の子に触られたいの』『今日は男とエッチするつもりはないからねー』と怒られる。
やなぎしょんぼり。



そうするとラガーマンがロリ子をおじ様ルイ・コスタに取られ手持ちぶさただったのか帰子に絡み始める。



自分の既セクが他の男にちょっかい出されているのがすごい不思議な感覚。



でもそこにエロスを感じた。



アイドル子はそのままスレンダー美人の方へいきスレンダー美人を攻め始めた。
スレンダー美人も負けじとアイドル子に攻め返す。


スト高同士の絡みを心のアルバムに焼き付けるやなぎ。最高でした。


自分も美人スレンダーの美乳や下の方にちょっかいだしてご満悦。


しかしそれ以上はお相手の爽やかメンズからNGが出たので無理はせず。


美乳ごちそうさまでした。


そんなわけでおじ様ルイ・コスタが手万をして攻めているロリ子にちょっかいを出す。


下はおじ様が攻めているので上の方を攻めるやなぎ。こちらも感度よし。
やなぎのやなぎも攻めてもらう。


おじ様はどうしてもロリ子をイカせたいようだ、ロリ子もかなりテンションが上がっている。


この時やなぎは『イクときは色々されるより下の方に集中したいの』と性に関して興味津々な元カノの言葉を思いだしロリ子から離脱。




アイドル子の元へ行く。
アイドル子は帰子とラガーマンの絡みにちょっかいを出していた。


後ろからアイドル子を攻め一緒に帰子とラガーの絡みを見る。


アイドル子が『やなぎさんの彼女やられちゃってるよ、いいの?』と聞いてくる。


『なんか変な感じだね、でもエロいね』と話ながらDK積極的に舌を絡めてくる。



イチャイチャモードでアイドル子も盛り上がってる。もうそれだけでOK過ぎる。



そんなこんなしてると帰子はラガーマンに入れられている。



そうすると『ねー私たちも入れよー』とアイドル子が懇願してくる。



『そのおっきいの入れたいの、早くゴムつけて』とアイドル子。
あれ?さっきは絡まないって言ってたのに。

お母さん、おっきく生んでくれてありがとう。今度すき焼きでも食べに行こう。と思ったやなぎ。



やなぎのやなぎはもう準備万端。秒でゴムをつけるやなぎ。



パンツの上から触るとヤバいくらい濡れている。



『人の見ているだけで濡れちゃうの』とアイドル子がパンツをずらして上に乗ってくる。







1ハプニング。





こんなスト高とできるなら毎週来ようと思うやなぎでした。



とりあえず可愛い。そして巨乳。ああ世界は素晴らしい。




この時間がずっと続けばいいのに思いながら下からの絶景を見ているともうひとつハプニングが、、、、、、、





なんとやなぎのやなぎがチングダ、、、、!






そんなバカな、、、、!





しかし1度チングダすると余計焦ってもっとチングダする。(チングダあるある)




なんとかやなぎのやなぎに喝を入れようと正常位にするやなぎ。




しかしアイドル子『私は上に乗ってみんなを見たいの!』と拒否。





チングダのままノーフィニッシュ。




ハプニング中のハプニングにやなぎは途方にくれる。




『チングダな男に用はない』と言ってアイドル子はスレンダー美人カップルの方に行ってしまった。




しかし切り替えの早い男やなぎはロリ子の方に切り替える。1つでも多くハプニングを。
⬆こうして自分の行動を書いていると最高にカッコ悪い。だがそれでよい。


ロリ子は未だに中イキしないよう。
ルイ・コスタもチングダしている。



エロく喘いでいるところにDK。やなぎのやなぎが元気になる。



ロリ子にやなぎのやなぎを元気にしてもらう。



ロリ子の技術は素晴らしかった。舌の使い方◎




やなぎのやなぎ準備万端。




それを見たルイ・コスタがラストパスをやなぎに送る。



ルイ・コスタ『準備はいいですか?いっちゃってください!』



あとはやなぎがゴールに押し込むだけ。
やなぎはオーストラリア戦のトラウマを完全に克服した。



奥にはチングダしてるけど帰子に一生懸命入れようとしているラガーマンが見える。







2ハプニング目、今度はちゃんとフィニッシュ。
 







一仕事終えたところアイドル子が終電ということで解散。



ルールとして8人で入ったら8人で出なければならないらしい。



ノーフィニッシュのラガーマンがマジか!?というリアクションしている。


アイドル子が『最後に大胸筋触らせて』と言っておっぱいを揉まれながらご満悦のバカ丸出しやなぎ。

ベンチプレス頑張ってよかったよ。


 



ハプニングバー後半戦




2ハプニング。
1チングダ。






考察編に続く。

やなぎハプニングバーに行く。

どうもやなぎです。


筋トレとナンパ(バーナン、ネトナンメインです)が大好きなおじさんです。


初めてのブログは筋トレでもナンパでもなくハプニングバーの記事です(笑)


本当に楽しかった思いと、悔しかった思いがあったのでブログに残したいと思いました。


ダラダラと長く書いてしまいましたが読んでください(^ー^)






ナンパ仲間から聞いていたハプニングバー


かの有名なケーゴさんもハプバーの記事を書いていたような。


いつかは行ってみたいと思ってましたがついに行くことができました。


今回は単独ではなくカップルでの潜入です。

お相手は4月くらいにネトナンで知り合った帰国子女子。


ちなみにこの子はハプバールーティンを使って即りました。


※ハプバールーティン
(ハプバー行こうよと打診して適当にアポって適当に即るルーティン、某ポテトサラダ師から教わりました。)


月1回でおかわりする関係でしたがやっと約束を果たすことができました。


帰子さんのスペック

スト値5くらい
スタイルはよい(脚長い)
綺麗なお姉さんタイプみたいな感じ。


帰子は『酔わないと恥ずかしすぎて行けない』と言ってたのでとりあえず飲む。
お互いほろ酔いくらいのところでハプバーに潜入。


受付でかなりの塩対応を受ける(笑)

『身分証明書とお金準備してください!』
『汚い字で書いたら受け付けません!』
『ボールペン返してください!』

いきなりハプバーの洗礼を受けました(笑)


今回カップルでの潜入なので自分達が話せるのは

『単独男性』
『カップル』

のみになり『単独女性』には話しかけることはいけないルールみたいです(他の店はよくわかりません)


逆3Pを期待していたやなぎは少しテンション下がりますがハプニングを求めて出陣します。


受付の兄さんとは違い明るめのお兄ちゃんがお店の説明をしてくれました。


一階が『バースペース』
二階が『ロッカーや共用スペース』
三階が『プレー(エッチ)スペース?』的な感じでした。


三階はハプニングを見学できるんですが『単独男性』はプラス料金がかかるようです。


まずは一階のバースペースに潜入。
週末の21時前でしたが8割くらい席が埋まっていました。

男女の割合は6.4か7.3位だったと思います。

意外と女性がいるもんだなぁと感じました。


通された席の目の前には20代前半と思われる単独のお兄ちゃん(ツーブロで浦和の槙野みたいな感じ)隣には単独のぽちゃ女の子(スト値は低め)


とりあえずコミュニケーションはとっておいた方がいいだろうと乾杯をする。

しかし隣にいる女性は単独の女性のため話をかけられない。


あれ?
これシステム的にお兄ちゃんにしか話しかけられないじゃん!?


パスコースが1つしかなく、何をしていいかわからず酒を飲んでうろたえるやなぎカップル。


とりあえず店内をサージング。


奥の方にはポールダンサーが自主トレしている。

その奥には初老の男性(高須クリニックみたいな人)がフルチンで仁王立ちしている。(ほんの少しだけチンチンを揺らしている気がする)

手前のバーカウンターではシースルーの衣装を着ている中年太りしたおっさんがいる。

スクール水着のコスプレをしている単独女性もいる。(スト値は低め)


店員の女はSM嬢みたいな服着てる。(見た目的にかなりのどS)

やなぎの期待していた通り中々なカオスっぷり。



しかし自分がしたいのは『ハプニング』
見知らぬ女性との『ハプニング』
このままじゃ目の前の兄ちゃんと正3の3Pするしかなくなってしまう。


これは移動していくしかないか?と思っていたら店員さんがカップルさんこちらにどうぞ!と奥のカップル客がいるところに案内してもらう。


そこにいたのはさっきのスト値低めの女の子は明らかにレベルが違うスト高が!


一人はスレンダー美人(相手のメンズは爽やか男子)

もう一人はアイドル系の可愛い子(相手のメンズはただのオジサン。なぜ?)

二人とも低めに見積もってもスト値は6くらい、個人的には8くらい。


スレンダー美人カップルは付き合っているんだけど最近セックスレスなので刺激を求めて来たよう。

アイドル子カップルはサイトで知り合ったという、アイドル子がハプバーに興味があって今日初対面で来たと言う。


とりあえず他愛のない話をするがあまりエロい雰囲気にならない。


このままじゃハプニングバーでノーハプニングで帰ることになる。意見交換会しに来た訳じゃない。


ここでアイドル子の相方のオジサンがゲームメイクを始める。
縦へのパスをぐいぐい入れてくれる。

『せっかくだからコスプレでもしませんか?』

女性陣もハプバーを楽しみたいみたいでノリよく着替えてくれる。
メイドにレースクイーンにJKとコスプレに着替えてくれた。

スレンダー美人が正面に座りパンチラ、それを見つめる永遠の思春期やなぎ。


さらにオジ様がいぶし銀のプレー連発

『ちょっとゲームでもしませんか?』
『負けたら脱ぎましょう』
『脱げないならちょっとエッチな罰ゲームを』
とゲームで場を盛りあげる。

その後も下ネタトークなどの長短織り混ぜたパスで場を盛り上げる。


ありがとうオジ様。
イケメン過ぎてルイ・コスタに見えたよ。


そして最後のオジ様のキラーパス『せっかくだし上のプレールーム行きませんか?』


やなぎもスレンダー美人の相方さんもそれに賛同し3カップルでプレールームの階へ!


早くもハプニングか!?と期待に胸が高鳴るやなぎ。



プレールームの階に行くとそこには和みスペースとプレールームがあった。


あと縛りゾーン?SM専用のプレールームみたいのもある。


和みスペースには単独同士の即席カップルが和んでいた。


プレールームは最初に会ったお兄ちゃんとスト低カップルがハプニングを始めようとしていた。


一目散にプレールームに行きたかったがまずは和みスペースで座る。



またしてもオジ様ルイ・コスタが場を進めてくれる。


下ネタトークをしてるなかで、スレンダー美人カップルは人のセックスを見てこれからの性ライフの参考にしていきたいとのこと。

その役に立つならと『信頼と実績のやなぎ』のテクニックを見せましょう!とやなぎ。
(実際のやなぎはテクニックなんてそんななく、最近のサッカーのトレンドであるフィジカル重視です)



しかしルイ・コスタのアイドル子が『私達はあとで合流しますね』と。


アイドル子とのハプニングがしたかったやなぎのやなぎがテンション下がる。


しかし自分からドリブルで仕掛けていかないと何も始まらない。


その先にゴール(ハプニング)があるはずとスレンダー美人カップルとプレールームに突入しました。



お互い初めて同士なのでちょっと部屋の離れたところでプレー開始。


既セク帰子には申し訳なかったですがスレンダー美人ばっか見てました(笑)


しかしスレンダー美人は絵になります。
前戯を見てるだけでもエロスを感じますね。フェラなんか最高でした。


途中スレンダー美人の彼氏さんに愛撫の仕方やや手マン講習したり、フェラ見せあったりとお互いに楽しみました。


スレンダー美人に『やなぎさんのおっぱい大きい!やばい!』『やなぎさんのやなぎさん大きい!やばい!』
と誉められ、フィジカルモンスター久保と言われたやなぎとしては嬉しい限りでした(笑)


お互い遠慮もまだあったのでスワッピング的なものはなくお互いのプレーを見ていました。



おかわり1
視姦1


後編に続く。